わたしの主要出没エリア<麹町・市ヶ谷>の「うまいランチ」リストを大公開!

◆アジャンタ(インド料理):麹町駅

これはもう基本でしょう、のインド料理。美味しさリッチだけれども、お値段もリッチ。ちょっといいことがあったときや、遠くからわざわざお越しいただいたお客さまをご案内するのにぴったり。

◆鮨 後楽(寿司):麹町駅

海鮮丼1,000円オンリーのお寿司屋さん。感動のうまさ。12:00過ぎに行くと行列必至。13:00を過ぎると売り切れ閉店のこともあるので、ちょうどいい塩梅でいくのがよろし。

◆登龍(中華):麹町駅
ランチで基本的に1800円オーバー。お値段は高級ですが、お味も高級感たっぷり。1800円の感動と満足感はお約束。

麹町の高級中華「登龍」のワンタン1800円。高級〜。とっても優しいお味と上品なひらひら。いいわ〜。ゆで卵とほうれん草は別皿で。上海スタイルなのだとか。 #almorzar #lunch #koujimachi #tokio #tokyo #food #foodie #foodpic #foodlover #comida #comidajaponesa #ワンタン #ワンタンスープ

Espárragoさん(@foodquericogohan)がシェアした投稿 –


◆ラ・タベルナ(イタリアン):麹町
日テレ通り沿いにあるイタリアン。夕方までランチをやっているので、遅めのランチのときに。時間をずらしても結構込んでます。シーフードドリアが安定のおいしさ。季節のパスタもいいです。基本、男子盛りなので「ハーフサイズでサラダセット」でじゅうぶんなボリューム。

◆ペザント四番町(洋食):麹町駅・市ヶ谷駅
日テレ通りに出ている青い看板に「番町食堂」の文字。「番長食堂」を思わせるいかつい名前に押され、さらには地下に降りて扉を開けるまで中の様子がミステリアスなリッチなため、3年ほど入店をためらってたお店。バブル時代の「スナック」の居抜きを思わせるカウンター&テーブルの店内は、ご近所のリーマンさんで賑わってます。店名はいかついですが、おいしい洋食屋さんでした。


◆黒うさぎ(沖縄料理):麹町駅
お得なランチセットもいろいろありますが、わたしはいつもこれ。

◆麹町ダイナー(アメリカン):麹町駅
「かぶりつき料理が食べたい」ときのアメリカンダイナー。サンドイッチやロコモコなど。


◆葡萄の木(洋食):市ヶ谷駅
日テレ通り沿い、市ヶ谷駅に近いビルの地下にある洋食屋さん。こちらもランチタイム長し。喫煙者の隣にならないように席を陣取るのがポイント。アンティークな店内はひとりランチでも居心地よし。

◆はとり(和食):市ヶ谷駅
かなり市ヶ谷寄りですが、麹町からも歩けます。日テレ通り沿いのビルの2階にある居酒屋さん(焼き鳥屋さんかな?)。ランチタイムは「鶏肉」一本で、鳥重のほか、やまかけやミートローフなど4つの鶏肉メニューで勝負されているよう。

◆ルポール麹町「こみち」(稲庭うどん):麹町駅
地下にあるひっそりしたお店。オンタイムに行くと結構混んでます。「なんか、やさしいもの食べたい・・」というときの稲庭うどん屋さん。

◆華記茶餐庁(香港料理):市ヶ谷駅
麹町から歩いて行くのはちょっぴりしんどい、市ヶ谷のお店。香港麺また食べたいなー、なお店。